Show newer

友人の地元の路線に一緒に乗りながらいろいろお話を聞き、鉄道趣味者側の視点と対比しながらまとめることで、その路線を多角的な視点で見つめる…みたいなのをやりたい。最近。

やくも、奥出雲おろち・サンライズあたりと絡めてうまく乗れないかなぁ 来年春頃にでも…
サンライズ→奥出雲おろち、微妙に乗り継ぎができないからうにょーんって感 地味に東京からだと生きづらいけどペンデルツーク運転は好きだからやっぱ乗っときたい

なんかこう、人と遊びにゆく楽しみが身に沁みてしまったせいか、いま一人旅のプランが上手く練れない よわよわモード

年末年始休暇の旅の計画を今更練っているけど、なんだか何も上手く組めなくて少し憂鬱になる 東北をめぐろうか北海道まで飛んでから18切符で降りてこようかと思ってたけど、あんま上手く組めないなぁ…仙台あたりフラフラしてこようかな

古い木造旅館に泊まりたい…というか普通に泊まりに行けばいいんよな 行くか

日本シリーズ、ヤクルト村上選手の打順のとき、タオルの代わりに特急いなほ村上行の方向幕掲げてる人がテレビ写ってて面白かった(昨日) もともと国鉄のチームだしわりと良いマッチングしてる

青383とか青313とか青キハ75、かっこいいかもしれない でもステンレスボデーにはオレンジのが映えるかなぁ

青帯の211系、どうも元々JR東海はコーポレートカラーを青にするつもりだったらしいんだけど、青をJR西日本に取られちゃったもんだからやむを得ずオレンジにしたって経緯をどこかで聞いた事がある。

中央本線名古屋口の国鉄末期の青い211がなんか好き(新幹線カラーなのかな)

インターネット、紙幅はないけどスマホには幅があるため適宜写真を挟まないと文字だらけになるな〜と最近ブログ書いてて思う(とにかく文章かいちゃってから削りきれないタイプ)

カラーチャート云々、は、東南アジアの旅行者さんがバスの遮光フィルムに辟易して、外にいる同行者に色調補正用色付きボードを持たせて車内から撮影し、旅行記を書くときに画像補正すればよい…ってエピソード(提案?)が実際にあった。

たしかにマレーシアの高速艇に乗ったときは外の景色がほとんど見えないような遮光フィルムがついていた

Show thread

乗り鉄派としては車窓記録が全部青っぽくなっちゃうので嫌なのだが(あと純粋に眩しいときは普通にカーテン下げたい) 駅名標のとこにカラーチャートつけといてもらえばオールオッケー(意味不明

Show thread

遮光の青硝子、夜間に外から見かけたときの寒々しくサイバーな感じが一層アップするので感傷に浸るにはもってこい(謎)

「上ゲ」のせいですべてがどうでもよくなった説(?)

Show thread

私はあんまり漢字とカナの交ぜ書き地名に抵抗感はないのかもしれない(むしろ、古地図の表記っぽくてちょっと面白いな、と思う)

Show thread

小書きケ(ヶ)はまあ箇の竹辺のかたいっぽって意識があるので普通に使うけど、小書きカ(ヵ)はよくわかんない 

ノは東急がひらがななので、溝の口に関してはひらがなのが馴染みがある(東急をよく使うため…) 篠ノ井とかはカタカナ

かかみがはら

四方を山に囲まれたクニから出てきているので、千葉に住んでいてもある瞬間、夏の空の雲が地平線の方に低くにかかっているのを山の形と認識して安心感を感じてしまう 千葉にそんなでかい山はないのだけれど

展示は私の興味範囲とよくマッチしていてすげー面白かったです

Show thread

みてきた
すごくどうでもいい話として、唱歌をテーマにしたコーナーがあり オールド・ラング・サインの変遷を取り上げていたのだが、あの旋律聞くと帰んなきゃ!!!ってなるな…(ちなみに蛍の光の4番、千島の奥も沖縄も、だった)

Show older
まちトドン

地理(交通やまち)と、古き良きインターネットを探求するマストドンサーバー