Androidのメニュー、サブメニュー内のアイコンは表示されるのですが、サブでない部分は画像を入れても表示されないようです。
しかし文字だけだとどうしても地味です。分かりにくいですね。

アイコンを表示する方法はあるのかもしれませんが以前から調べても上手く行かないので、ここは「絵文字を表示する」ことで解決することにしました。
良い時代になったものです。

順番やサブメニュー構成なども、分かり易いように少しずつ変えています。
近くの店を探すも、駅やバス停が探せるようになったら、サブメニュー化されると思います。

家で余っているあまり使い道のないパソリ、それを繋いで使えるものすごいカードビューアーアプリがあります。試してみませんか?
mirai-ii.co.jp/products/soft/n

プレミアムサービスの画面

現在は項目をタップするとダイアログですが、これをメニュー形式に変更し、こんな感じのスマートなインターフェイスにしたいと考えています。

プレミアム無料デーも、通知からのアクセスだけでなく、複数の経路を用意して参加しやすくする、ユーザーインターフェイスの改善を同時に実施しようと思っております。

これがビリングシステムの「UNO PLUS (SATURN UNO8700 PLUS)」だと思われます

イオンディライトの自販機で良く見られます

恐らくこれが、SANDENのCRW-MJAシリーズ(第2世代)であろうと思われます。

汚れていたので、綺麗にお掃除してから撮影致しました。

今回は駅構内など明るい場所でしか撮影できませんでしたが、自販機などのカードリーダーをパチパチ一眼レフで撮影するという奇行をしてまいりました。

恐らくこれが、JREMのSX-20だと思われます


最近はグーグルペイを使うようになりカードを使わなくなったのでアプリの使用回数が減ってきた、というご意見がありました。

このアプリは、今はパソリ経由のみですが、パソリを繋げばおサイフケータイも見ることができます。各種電子マネーサービスを一つのアプリで確認できるのは便利ではないかと思いますのでお試し下さい。
パソリのミニUSBと、スマホ(マイクロUSBまたはType-C)を繋ぐ都合のいい長さのUSBケーブルを用意してケーブルを交換して繋いで下さい。

使用も携帯もやや不便なのは事実ですが、ここまでできるのはこのアプリだけですのでご活用いただければ幸いです。
有料機能ですが、2月3日(日曜日)に無料体験ができますので、この機会をお見逃しなく!

パソリを使わずアプリから直接本体メモリーを読み取る機能もいずれ付けたいと思っていますが、プレミアム会員が増えてから開発着手を計画しております。宣伝などの応援をいただければ幸いです。

とりあえず画像がないものは、画像が表示されない感じでフリー素材拾ってきました。

ちなみに既存のJR東日本のVT-10/20については全てJREMと記載されていますが、OEM先の社名と実際の製造メーカー名は別に項目を用意した方が良いのでしょうか?

物販報告で、自動販売機のICカードリーダーを一覧から選ぶ機能について

とりあえず簡単ではありますが、このような操作での機能実装を目指しております。
このような用途に耐えうる画質の写真がないので、正式には使える写真が撮れて以降となりますが、このほかにメーカーと機種名が判明しているものがあれば、随時追加致しますので情報提供いただければ幸いです。

一眼レフでいい感じの写真を撮ってくる予定ではありますが、既にいい感じの写真があればそれを提供いただければ使わせていただくこともあると思います。

この自動販売機のICカードリーダーは、SANDENのCRW-MJAシリーズというそうです
sanden.co.jp/cms/detail.cgi?ca

で報告のさいは、
メーカー名は「SANDEN」
機種名欄は「CRW-MJA」
と入力いただくのが完璧ですが、選択機能に対応するまで、覚えられないと思うので機種名欄に「JMMS」や「自販機の黄色いやつ」など、判断可能なものをお書き添えいただければ幸いです。

自動販売機のICカードリーダー

コカ・コーラ以外の自販機でよく見かける、黄色で、かなり押しにくい左右のボタンで切り替えて使える装置

飲料業界むけ電子マネーサービスJMMS(JAMA MULTI MONEY SERVICE)というサービスで使われる「専用マルチリーダライタ(R/W)」という名前の装置だそうです
mp-solution.com/service/jmms/

日本自動販売協会公式サイトによると、会員で、装置は1台80,000円、サービス利用料は1台あたり月額2,800円とのことです
jama-vm.com/jmmsyugu.html

Androidには、Windowsにはあるようなファイル選択ダイアログが標準で存在しません。そのため自作が必要ですが、とはいえ大変なのでこれまでなかなか作る気力が沸きませんでした。

今回、勢いで簡素なファイラーダイアログを作りましたので、無いよりはマシ程度の代物ではありますが、これで履歴ファイルを出力するディレクトリーとファイル名を設定することが可能になりました。
安全のため上書きの確認なども実施しています。

今後、このダイアログを既存のファイル出力処理全てで使えるようにしていく予定です。


要望の多いカード履歴データのエクスポート・インポート処理ですが、まだ開発中ながら暫定的な出力処理が動き始めました。

UIは少し悩みましたが、カードの選択画面の右上にメニューを追加し、ここから全カード一括で出力する方法としました。

出力ファイル名は現在は固定です。

出力ファイル仕様ですが、暫定的に電子メールのmbox形式に準拠した形式で実装してみました。同じ内容ばかりで無駄にも見えますが、拡張性はお墨付きのフォーマットです。

なお、入力(インポート)については考えるべきことが多すぎるため、もうしばらく検討が必要そうです。


物販報告画面の座標欄ですが、次のバージョンから、手順が変更されます。

手入力したいという需要と、入力が誤った報告が増えているという問題の解決

この二つを満たすため、座標欄を手入力した場合、必ず位置情報アドオンでその座標を確認していただくことにしました。
確認して微調整などした後にいつも通り中心位置を得るボタンを押すと、報告する座標が改めて設定されます。

手入力後、一時的に報告ボタンが無効化され送信できなくなり、位置情報アプリで設定するか欄から入力内容を全て消すかした場合に再報告が可能となる仕組みです。

物販報告画面
コンビニ向けの機能強化を追加予定です

ボタンを押すだけで、

ローソンは横画面でPWPX632W11S1、タテ画面でN8321-1611、共通でJT-R600CR

ファミマはCV-7300&JT-R700CRとCV-9300&TN2

のどちらかを自動設定します。

セブンイレブンはボタン1個だけで、押すとCV-711A&JT-R610CRを自動設定します。

なにかご要望等あればお知らせ下さい。

特別興味があったわけではないのですが、機会があり、京都市交通局の市電デザインICOCAを購入してみました。
どうやらNexus7(2013)では読み取れないようで、JR西のICOCAとはメーカーが違うのかもしれませんが相性問題が生じうるカードのようです。
また、いわゆるタイプ8の、未知のサービスが含まれる新タイプのカードでした。

「ものすごい」ICカードビューアーに興味はありませんか?

ほぼ全ての交通系ICカードを読み取ることができ、路線によりバス停情報も表示可能です。
電子マネーは交通系とWAONで店名表示や近くの店を探す機能が利用できます。
NFC機能がないスマホ・タブレットでも、パソリを繋いで利用することができます。

皆様からの報告により、日々強力に進化しつづけています。
mirai-ii.co.jp/products/soft/n
play.google.com/store/apps/det

このアカウントでは、随時お知らせなどをトゥートしています。
質問やサポートも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。

本日、@NagisaTakayama様より寄贈いただいた保護フィルムとケースが無事にスマホに装着されました。
フィルム貼付は、ビックカメラの1回500円+税のサービスを使ってみましたが、完璧な貼付をしらもらうことができました。これで500円なら安心代として払う価値があります。

夜で暗かったためストロボ使って撮影しましたが、全面ガラスフィルムはとても美しく、液晶の端までくっきり見えます。
またケースはどこから落としてもガッチリガードしてくれそうな安心感があります。横のボタンも押しやすく、非の付け所がありません。

安心してこれを持って、鉄道バス物販の調査を進めることができそうです。

誰が見ても驚く、ビックカメラJR京都駅店の2階にある京都駅の改札口

利用者はそれほど多くはなさそうですが、駅員は常駐しているようです

Show more
まちトドン

地理や交通系がテーマの小さなSNS「まちトドン」